カテゴリ:映画のはなし( 9 )

タイピスト!大好きなサウンドトラック

先日「タイピスト!」というフランス映画を観た。

a0155167_14481956.jpg


1950年代のお話、というだけで絶対に行こう!と決めていましたが、


サイコーに素敵だった〜!!


洋服とかセットとか小物とかすべてが!!!


音楽もとーっても好みで、帰ってきてすぐにサウンドトラックを購入。


https://itunes.apple.com/jp/album/populaire-bande-originale/id579343523


ずーっと聴いています。サントラ大好き。


今までフランス映画とか音楽とか全然キョーミなかったのに、今年に入ってすごく好きになってきた。


この映画もすごくシンプルなんだけど細かく丁寧に作ってあって、寓話的でそういうところがほんと好みでした。


昔友達に古いタイプライターをもらったことがあって、使っていたから、余計に感触が思い出されてよかったなぁ。


サウンドトラックって歌手のアルバムより、器楽だけの曲が入っていたりして流しておくのに最適です。


というわけで昔好きだったアルバムを出して聴いてみた。

How to make an American quilt (キルトに綴る愛)

a0155167_14552493.jpg


https://itunes.apple.com/jp/album/how-to-make-american-quilt/id216395461

これもちょっと古い50年代?60年代かな、のシーンがたくさん出てくる。音楽はテーマソングがサイコーに好き。オーボエのメロディがほんと美しい。

何度も何度も観ているだーいすきな映画です。女性の人生が描かれている美しい映画。私は気に入ると何度も何度も何度も観ます。地味でも味わい深い映画が好き。
[PR]
by kimonoflute | 2013-10-03 15:01 | 映画のはなし

クラウドアトラス

いやーすごい映画見ちゃった。

a0155167_1137263.jpg


クラウドアトラス。

これぞ映画だ!という映画。スケールがとにかく大きい。

6つのストーリーが切り替わりながら展開して、その6つはどれもつながっているという。

テーマは「輪廻転生」。

私たちはなぜ生き、なぜ人を愛するのか。永遠の存在であるたましいとは。

まさに今私が書こうとしているテーマですよ。

でもこういうの見ると思う。制作者のタフさのスケールが違う。原作はもともと本らしいんだけど、これを映画化しようと思いつくところからすごすぎる。全部の詳細を作っていくわけでしょ。気の遠くなるような作業だ。

監督が三人(二人は姉弟)いるんだけど、その意図が全然ぶれてないのに融合してるところもすごい。

言いたいことがあって、それをあらゆる手段を使って表現するその力強さが、そのパワーがすばらしい。

私なんてこの映画見るだけで、へとへと(笑)

そういえば私の作る曲はいつでも一本の線が基本になってる。決して分厚いシンフォニーみたいな構造を持ってないのね。

そーゆーとこすごく東洋的だし、日本人なんだなーと思う。

ま、アプローチの仕方が違うというだけなんだけどね。

いやーでもこの映画、ほんとにすごいです。こういうものを生きていながら見られるなんてすごい世の中になったものだ。時代は確実に変わってる。

二度目を見にまた映画館行っちゃうかもしれません。

その前にDVDでマトリックス観ようと思ってます。

はー世界は広いわぁ。うかうかしちゃいられない。


************************************

・浅草被官稲荷神社(浅草寺裏手)例大祭 奉納演奏します!

2013年3月18日(月曜日) 午後3時

・月曜日から金曜日まで毎朝短いメールが届きます!月350円であなたの毎日を直感とシンクロニシティでいっぱいにしませんか?

桃の実ネット会員募集中!
http://momonomi.net/index.php?募集中

・どんな予算でもお伺いします!キモノフルート出張演奏承ります!

http://momonomi.net
[PR]
by kimonoflute | 2013-03-17 11:58 | 映画のはなし

祈り〜サムシンググレートとの対話〜

昨日は久々に渋谷に行ってきました。

人が多いなー渋谷。

でも道歩いている人たちはなかなかオモシロイ感じだった。見飽きない。

それで行ってきたのが、コレです。

a0155167_846246.jpg


祈り〜サムシンググレートとの対話〜



誘われるままに何の先入観も持たずに行ってみた。



なのに、どストライクでしたよー。(だからどストライク?)



祈りという形のないものにどれだけチカラがあるのか。科学や遺伝子学でそのチカラを調べている人たちが次々出てきてインタビューに答えるんだけど・・・ほんとにすごいの。


アメリカの西海岸から東海岸にいる病気の人たちに祈りを捧げる。でも、東海岸にいる人たちはそのことを知らない。彼らを治療しているドクターもそれを知らない。なのに、祈りを捧げられているグループは捧げられていないグループより治癒が早い。


それはもう祈りのチカラだろう!


私は今も昔も祈りの持つ巨大なチカラをどこまでも信じているので、「そうだろうそうだろう」と思いつつ、でもやっぱり圧倒されてしまった。


もう他にもたくさんのエピソードやら実験結果やら意見やら体験などが語られる素敵な映画だった。


でも例によって私は右脳人間なので、そのほとんどを感覚で捉えてきたらしい。(つまりあまり感想が出てこないの)


最近、作品を観たり聴いたりしてはまりすぎるとその後なんの形跡も残ってないことが多い。


でもその後の影響がものすごいんだなー。


この映画もその一つだろう。


もう一回観てもいいくらいだわー。
[PR]
by kimonoflute | 2013-01-05 09:00 | 映画のはなし

名声というもの

映画を観ました。

観たのは「Rock of ages(ロックオブエイジズ)」です。



こういう「音楽モノ」ってだいたい映画館で観てる。

仕事でも芸能界づいていることもあって、どストライクな映画でした。

最近ね、余計なことを考えなくなったせいか、どストライクだらけなの、生活が。



打率カナリ高いっすよー!!(^_^)b



映画も本もドラマも「お!」と思ったのをトライするとヒットする感じ。今までボール球三振人生を送ってきた甲斐があるというものだぜベイビー!


というわけでこの映画。

a0155167_17455794.jpg



舞台は80年代だからいちいちファッションとか髪型とか曲とかなつかしいんだけど、小難しくなくてストレートな良い映画だった。


うん、芸能関係の人は観るといいかも。なかなか的を射ている。


私はとにかくトム・クルーズに釘付けでしたよ!!


彼の映画って意外と観てないんだけど、なんかこの映画の彼はすごいを超えていた。トムってあんなにすごかったっけ?最初に登場したシーンなんてびりびりっと来ましたよ!!

彼は伝説のバンドの伝説のボーカリストというスーパースター役なんだけど、ああもう「fame(名声)」を知り尽くしているからこそあんな風に演じられるんだろうなー。ほんとにホンモノよりホンモノだった。

長くスーパースターでいる彼は「名声」というものがどんなに中身がなくて孤独か、一方ではどんなに夢のように美しいかを知り尽くしているのだと思う。

彼の瞳がそれを全部語っていた。ぞわ〜〜〜〜(トリ肌)

でも彼はトム・クルーズであり続ける。ひたすらリスペクト(尊敬)。



そして彼のマネージャー役のおっちゃんも「こんな人、いるいる!!」っていうリアリティ抜群だったなー。あの人すごい。職人級。


忙しいと映画を観たくなる私。合間に観る映画ってキクのよ〜。



それからやっぱりロックはいいっす!!!



************************************

イベントのお知らせ

2012.9.29(土)昭和の名曲とちょっといい話 長月 in ミヤコ銀座店(銀座四丁目)
2012.10.20(土)昭和の名曲とちょっといい話 神無月 in ミヤコ銀座店(銀座四丁目)
http://tsukiichi.exblog.jp

お申し込みは
昭和の名曲とちょっといい話参加申し込みフォーム

有名人たちの「桃千代ウォッチ」

桃の実ネット「桃千代ウォッチ」

「直感を磨くオンライン講座」

http://momonomi.net/index.php?オンライン講座

本来の自分に戻る「直感ダイエット」音声CDとmp3リリースしました。

http://momonomi.net/index.php?直感ダイエット

本が出ました。どんな夢でも叶えてくれる「自分を味方にする方法」

http://momonomi.net/index.php?味方本
[PR]
by kimonoflute | 2012-09-26 18:11 | 映画のはなし

インビクタス〜you are the captain~

昨日友達に勧められた映画「Invictus(インビクタス〜負けざる者たち〜)」を観たのですが、相当良かったです。ネルソン・マンデラが大統領だったときの南アフリカのラグビーチームのお話。

もちろんネルソン・マンデラというお名前は知っていたけれど、あんなにすごい人だったとは。

彼はアパルト・ヘイト政策に反対したという罪で27年も牢屋に入っていたのです。

27年・・・・

そんなに長い間、信念って貫けるものなのだろうか。

きっと彼も葛藤を山ほど抱えていただろう。

そして27年後に彼は牢屋を出て、南アフリカの大統領になった。

でもそれは結果論だと思う。27年の間そうなることが分かっていた訳じゃない。

そしてその間彼をずっと支えていたウィリアム・ヘンリーの詩があるんだけど、(日英全文掲載のサイトはこちら>) その中に、

I am the master of my fate.  

私は私の運命を支配する者である。

I am the captain of my soul.

私は私の魂の指揮官である。

というのがあって、本当にすごいと思った。

私は彼に賛成だ。その人の運命はその人自身が作り上げるものだと思う。

だからどんなふうにでも変えていける。

最近そんなことをしみじみ実感してる。ほんとうです。

You are the captain of your soul.

かっこいい。シビレル。(*^_^*)

そして南アフリカのラグビーチーム、なでしこに重なって、なお感動。(T.T)
[PR]
by kimonoflute | 2011-08-09 18:02 | 映画のはなし

人生、ここにあり

今日はいろいろさがしものもあったりして、久々に銀座へ。まずはヤマハと歩いていたら、ふと、

「豊岩神社」

のことを思い出した。

資生堂ビルの裏側のビルの間の細い路地にあるんです。お稲荷さんが。ものすごくシャープで切れ味のいい気のある場所。

まずはそこでしっかりご挨拶。ご無沙汰しておりました。

それからヤマハへ。

昔は職業柄うーんと楽譜を買っていたものだけれど、自分で書くようになってからまったく買わなくなってしまった。

そんな間に銀座のヤマハはリニューアルオープンしていて、なにがどこにあるかまったくわからず。

しかも妙に入り組んでいて薄暗いのはナゼ?・・・(^_^;

でもいろいろ本や楽譜を見たり、CDを試聴しまくったり、満喫。たまには必要ね。

それからお約束のローラアシュレイに行き、なんだかアウトレットのように安くなっているブラウスをゲットし(*^^)v、プランタンなども見たりして、歩いていたらなぜかシネスイッチ銀座の前を通った。

a0155167_18151719.jpg


「人生、ここにあり」

一度は通り過ぎたものの、もう一度引き返して、でもやっぱり、とやめて(でも時間はチェックしつつ)いろいろ理由をつけて帰ろうとしたんだけど、でもどうしても帰れなくて、観ることにした。

観て納得。こりゃー観ないとダメだったわ!!

イタリアの精神病院に配属されたネロという男性が、患者たちと協力して新しい労働組合を作る、というお話しなんだけど、とても良かったです。

精神病=何も出来ない、とか薬漬けにしておかないと危険、とかレッテルがたくさんあって本人たちもそんなふうに生きていたけれど、精神病に対してまったく知識のないネロの革新的なアイディアでどんどん彼らが解放され、それぞれの才能が発揮されていくお話。

すごくいい話なんだけど、女を買うとかどうとか、すんごいスラングでののしるとか、そういうエピソードも満載で道徳的におさまらないとこもヨイ(笑)

精神病や障害がなくたって私たちは「私はこの程度」とか「これは私には無理」とかたくさんのレッテルを貼っているものだと思う。でもやっぱり大切なのは信じる気持ちだよね。ほんとうの自信が持つチカラって、ほんと、計り知れない。

なぜ首根っこつかまれたみたいになってこの映画を観なくてはだめだったのか、と考えながらぼーっと歩いていたら、看板の

I'm possible

という文字がばーんと飛び込んできた。そう、ポッシブル(可能である・できる)なんだよ!!そっかーーー!!!

そうそうメッセージっていうのは受け付ければ受け付けるほどやってくるもの。

そしてあとは自分がその気になるしかない。
[PR]
by kimonoflute | 2011-07-27 18:27 | 映画のはなし

映画「トイレット」

やられたーーーーー!

映画「トイレット」!!

九州旅の余波と暑さでどうしてもぼーっとして仕方ないので、今日は午後から思い切って映画に行ってきました。

そしたら、映画が始まるなり涙が出て止まらない。わわわ、と思ってるうちにストーリーが展開していって、またその内容が超ツボで、なんだかすべてがいてて、いてて・・・ってかんじだったのです。そしてもうずーっとずーーっとナミダガトマラナイ・・・

途中で、

これは観させられたな・・・・

と実感。

そういうことってあるんです。

必要な気づきは、自分がニュートラルでいると向こうから必ずやってくるんです。絶対。

だから今日私はものすごく久しぶりに映画に行かされ、観たかった「インセプション」ではなく「トイレット」を観させられてしまったと。

ストーリーの舞台はカナダ。日本人のお母さんが亡くなった後残されたのは3人の兄弟と猫とばーちゃん。ばーちゃんは英語がしゃべれなくて、兄弟たちは日本語がしゃべれない。

しかもばーちゃん役のもたいまさこさんはほとんど全くしゃべらない。ずーっと出てるのに、全編通してセリフはたった二言だった。すごい女優さんだ!たたずまいで表現をしていた。

確かにコミュニケーションって言葉じゃない。私たちは言葉に頼りすぎてるとこある。

もっと深い、違う場所で私たちはいろんなものを交換しあっているんだよね。

ほんといろんな意味で深くていいお話でしたよ。すごいなー荻上直子さんという、私と同世代の監督さん。

私は勝手に深読みをして、その部分にものすごーーーーーく感動してしまったのだけど、それもアリだよね。ツボはそれぞれだし、解釈はそれぞれ違っていい。

なんだかちょっと放心状態で力が入らないっす。「モシカシテ・・・?」と思っているとちゃんと天は答えをくれるんだなぁ。すごいなぁ。

それにしても劇中に出てくる餃子がめちゃめちゃうまそうでした。昔ボーイフレンドに作ってあげたことまで思い出しちゃったぜ。
[PR]
by kimonoflute | 2010-09-02 19:00 | 映画のはなし

自分の居場所

来週7日からパースに行くことになりました。二週間。

これもまた急なことで。

でも今はとにかく何かが来たらそれに乗る!と思っているので(ハワイもまるっきりそうだった)流れに任せることにしています。

そしたらなんだか毎日楽しくて!

相当な変わり者人生を(結局は)送っているくせに、今まで(そんな私でも)結構葛藤や抵抗があったのでした。

人と比べて、とかね。ああ不毛。

そんなことを考えながら今日、ジョージ・クルーニーの「マイレージ・マイライフ」という映画を観たらまぁまたそんなど真ん中のテーマでした。

そうそうみんなが同じでなくて良いし、自分の居場所はやっぱり自分で分かっていればそれでいいんだと思う。

ジョージかっこよかった〜。

とてもとても良い脚本だったのでとってもオススメです。自分の居場所をさがしている人に。
[PR]
by kimonoflute | 2010-04-01 21:10 | 映画のはなし

ラブリーボーン


a0155167_2153213.jpg


今日これを観てから言葉がうまく出ないし話せない。

私がずっと見てきた景色がそこにあったからだと思う。
[PR]
by kimonoflute | 2010-02-01 21:55 | 映画のはなし


キモノフルーティスト・サイキックカウンセラーの桃サクラです。


by kimonoflute

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

リンク

桃サクラのホームページ 「桃の実ネット」

http://momonomi.net

桃の実スピリチュアルカウンセリングルームブログ
短編小説の情報も☆

http://blog.goo.ne.jp/momonomiroom

桃サクラfacebookページ

https://www.facebook.com/momosakurajp

桃サクラtwitterページ

https://twitter.com/momochiyo

ブログパーツ

カテゴリ

全体
ごあいさつ
本のはなし
キモノのはなし
食べ物のはなし
ひとりごと
音楽のはなし
夢のはなし
不思議なはなし
お知らせ
映画のはなし
イベント
たからもの
スピリチュアルハワイ
お気に入り
お返事
カラダのはなし
覚え書き
いただいた感想・コメント
ダイエットの話
いい話
桃サクラウォッチ
禅のはなし
サイキック話
ビューティー!
未分類

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
スピリチュアル

画像一覧